忍者ブログ

雑記「徒然思草庵」

I more, You more, more more ユーモア!!

宝物1

小学生の頃、いわゆる学級文庫みたいなやつに、歴史マンガがあった。
縄文からはじまって、戦後の近代までの全12巻ぐらいのやつ。
小学3年ぐらい?だった僕は縄文弥生あたりの時代が好きで、そのへんばかりをくり返し読んでいた。

で、その縄文時代のお話で、父親に狩りを教わる少年の話があった。
山の中でたまたま黒曜石を見つけるんだけど、オトンは珍しいとか貴重とか言う。
普通の石の矢じりより殺傷力が強いそう。
ところがそこにでかいイノシシかなんかに襲われて、オトンは命を落としてしまう。
その後、立派になった息子はその山で、オトンの命を奪ったイノシシを、黒曜石の矢で倒すっていうお話だった。

当時、「黒曜石とはなんぞや?名前もかっこいいし、攻撃力もすごい!」みたいな感じで、僕のなかではトップクラスの鉱物だった。

時代はかわり、中学時代に家族旅行で野尻湖に行った。
そこのお土産物屋さんで、思いがけず僕はあこがれの黒曜石と対面したのである。
「これが伝説の黒曜石か…!?まさか実在していようとは…!!」
貴重だとか言ってたはずなのに結構置いてあるし、お値段も数百円だしで複雑な心境のまま手に取った。
まあ、それがこれなのだが、

これがまたよく切れる。
意味もなく紙をスパスパ切り裂いては、「ううむ。伝説の黒曜石の噂は真実であったか!」
などと悦に入ったりしてました。
おっさんになってもいまだに捨てられません。

拍手[1回]

PR

無題

地味なサビ残が続いたり、一ヶ月ぐらい咳が止まらなかったり、ワイフと娘ちゃんがインフルになったり、地味なダメージが続いております。
新入社員も入ってきて、ようやく残業から解放されるかなぁと思ったけど、まだちとかかるようです。

さてさて。
いまさらですが、書籍版の万華鏡奇談も完売いたしました。
本当にありがとうございます。
おかげさまで再販だったこともあり、ちょっと部数減らしたんだけど、朧月夜はさっさと完売しちゃうし、あいかわらず要望はいただくしで、もうちょっと刷っとけばよかったなぁという。
同人は一期一会と割り切りながらも、うーんうーん、という感じではあります。
とりあえず再再販に関しましては、現状は未定です。六割ぐらいです。

投稿原稿も全然間に合わなかったし、このところ散々です。
あt夏コミは応募したんだけど、新作まったく進めることができてないし、これまたうーんうーん、という感じでもあります。書きたいネタはいっぱいあるんだけどね。
こんな話ばかりで申し訳ありません。
次はもうちょっと明るい話題を載せたいです。はい。

拍手[0回]

さらば

宇宙戦艦ヤマトの夢を見た。

なんか、通信で女の人の声で、
「経費削減のため、これからは艦長はハリボテの立看板になります。声はこっちから出すので、気にせずこれまで通り運行してください」
と言ってた。
沖田艦長リストラだった。

拍手[0回]

流れる石

気がつけばまたひとつ齢を重ねてしまったわけですが。

よくひとは、年をとると「丸くなる」と言われます。
これはすなわち「角が取れる」ということで、おそらく石に例えているのだろうと思われます。
川上の石はごつごつしていて無骨で鋭いです。
けれども川の流れに揉まれ、ぶつかり、削れ、欠け、磨かれた川下の石は丸くてきれいです。
どちらも同じ石なのだけど、そうして無用な部分をなくして、残ったものが本来の自分なのかもしれません。

そんなことを二十歳の頃に思っていたのを、いまふと思い出しました。
あの頃より確実に丸くなりました。
鋭いほうがカッコイイという思いも、じつはまだ消えていません。
それでもいまは、ずいぶんと川下のほうに来てしまった実感があります。
そしていつかは海に行くのでしょう。
またそこで振り返って、生まれた山を遠くに見ます。
いつか。

拍手[1回]

2016!?

すんごい久しぶりの気がいたしますが、おそらく間違いではないと思います。
香津宮でございます。
気がついたら2015年が終わっていて、あっという間に2016年も一ヶ月たってました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたくしの近況でございますが、
バカ親と言われるぐらい娘ちゃんを溺愛しすぎて、自分の時間が全然とれなくて毎日おろおろばかりしております。
創作ネタもふつふつと溜まってて、作らずにはおれないのですが、仕事から帰って、娘ちゃんと遊んでお風呂入って寝かせて、さてとパソコン開いても開いたまま気がついたら寝てるなんて日々が続いて、非常に悶々でございます。
また、なによりも諸所に不義理に不義理を重ね、申し訳ない思い出いっぱいでございます。

はりきります。




さて。
非常に今更のお知らせではございますが、『幻想魔境奇譚』でございますが、いままで自家通販とDL.site様でのダウンロード販売を行っておりましたが、昨年の11月あたりから、メロンブックス様でダウンロード販売とらのあな様でディスク販売が追加されました。
たとえば、自家通販ですとご住所や氏名の問題でしたり、特定サイト様でのアカウントの問題なんかもあるだろうと思いまして、このたび複数でのお取り扱いでの展開にいたった所存でございます。
なにぶん昨年の11月でございますから、すでに三ヶ月近くもたってからのお知らせということで、非常に心苦しいのではございますが、告知してないけどとらのあな様ではこっそり数本動いてたりして、なんでだ!?と喜びにむせびいていたりしております。ありがとうございます。
この機会に、未プレイの方はぜひともお楽しみいただけたらと思います。


とりあえずわたくし、エンジンかけ直します。
娘愛してます。作品愛してます。皆様愛してます。
らびゅー

拍手[1回]

Copyright © 雑記「徒然思草庵」 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

Twitter

【カレンダー】

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【最新記事】

(10/20)
(08/01)
(06/08)
(03/09)
(02/22)

【最新コメント】

[08/15 のがみさ よ]
[10/28 無顔]
[10/27 NONAME]
[10/25 NONAME]
[08/23 天狗]

Profile


NAME : 香津宮裕介
HP : 偽書[香津宮綺譚]

ブログ内検索